妊活 運動 ストレス

MENU

運動で血行促進とストレス解消。ストレッチとスクワットを!

妊活中に大切なことは、妊娠しやすい体作りとストレスを溜めないようにして、心身共に健康な状態でいることです。

 

そのために適度な運動をして、血行を促進して冷えを予防するように心がけたいものです。ハードな運動は続きませんが、ストレッチ運動や20回ほどのスクワットであれば無理せず自宅で簡単に行えます

 

下半身を鍛えて血流を良くするために、スクワットは欠かせません。ストレスも妊活の妨げになりますが、ストレッチをすると心身共にリラックス効果もあるので、ストレスの緩和にもつながります。ヨガを行い瞑想するのも良いでしょう。

 

冷えを防ぎ、体力を付ける食生活をしよう。生姜やニンニクを!

妊活中には、毎日の食事でバランス良く栄養成分を摂取するよう心がけましょう。まず女性にとって体を冷やすことは、子宮や卵巣の機能を低下させるほか女性ホルモンの乱れにもつながりよくありません。冷えを防ぐために、冷たい飲み物やアイスクリームなどは控えたいものです。

 

生姜を料理に取り入れると、体が温まります。また妊活には体力を付ける必要もあります。ニンニクやウナギ、豚肉など、疲労回復や滋養強壮力のある食品を積極的に食べましょう

 

睡眠不足は妊活の妨げに。夫婦仲良く過ごすのが大切

妊娠しやすい体作りのためには、良質の睡眠が重要です。睡眠不足が続くと、女性ホルモンが乱れると共にイライラしてストレスも溜まります。また免疫力も落ちて病気にもなりやすく、妊活に適した体調ではなくなってしまうでしょう。

 

女性だけでなく男性にとっても、寝不足は元気な精子を作れなくなるリスクもあるので気を付けましょう。夫婦で快眠できるように、早寝早起きの規則正しい生活習慣を心がけたいものです。また妊活中は、できるだけ夫婦仲良く過ごすようにしましょう。